ドSの緊縛師さんに出会ったお話・・・♡

体験談♡

昨日はブログ更新できなかった。。。。

今日は家で一日ダラダラ過ごしてたよ。

東京はすっごく寒いさむかったね~。

起きたらみぞれみたいなん降ってるし、雪になってるし、全国の話題はコロナってるし、色々と新しい時代になりそうだね♡

来週、支払いがあるんだけど昨日普通にビールとか飲んでるクズは私です♡

どうも、みなさんこんばんは。マコトだにょん♡

今日はふと思ったんだけど、ドSの人ってさ、おてぃんが小さい人か遅漏の人多いよね?って思った話をしようと思うの。

マコトの思うドSの人ってどんな人?

・緊縛する

・言葉攻めがゴイスー

・イカセたがり屋さん♡

・視姦してくる

・寝取りさせちゃう♡

・調教しがち

的なね。

マコト、別にドSさん嫌いじゃないよ?

好きでもないけどw

マコトはどちらかというと姫扱いしてほしいタイプだから、やさしいSさんは好きなんだけど、極端なドSはちょっと・・・・だって怖いもん!笑

で、今回は中でも、やさしい緊縛師のドSさんに出会った話でもしていこうかしら♡

あれは、自分が20歳になりたての頃。

まだガッツリ女装じゃなくて、髪を伸ばし始めてて周りからは本田翼みたいって言われてた頃のお話。

当時、Twitterやってたんだけど、エロ垢?というか裏垢的なやつやってたんよ。

なんで裏垢やってたかって言うと、当時ね酷く落ち込んでてさ~

若かったのもあったんだけど、まぁ色々あってね。(てか、色々ありすぎじゃない?とか思ったそこの人。そうなんです、色々あって疲弊してたんでやんす♡)

Twitterでは、日々思ったこととか、男のこととか色々発信してたのを覚えてる。

もちろん、当時は女装のアカウントじゃなくて、普通にアイコンはアニメのやつだったしテキストだけでつぶやいててさ。

まぁ、マコトのことだからちょっとHなこともつぶやいたりしてたんだけど・・・・

マコト自身もエロ垢系中心にフォローしてたのもあって結構、ノンケの男の人もフォローしてくれてたのね。

Twitterも、今のブログ同様、リアルする気なかったから自分の好きなことつぶやいてた。

”信頼してる人にじゃないと身体任せられない。”

”ネコはタチが気持ちよくなってほしいから、身体をささげてるの。ローションが腸に入ると2,3日は体調悪くなるし、バックする時はお肉いっぱい我慢するし、タチのためにお尻だってキレイに準備する。”

”タチのために可愛くだっているし、気持ちよく興奮してもらえるようにいつだってキレイにいることに努力してるの”

”だから初回のデート代とか出さない人はその時点で無理。”

とか、こんな感じで、Hに対する概念的なものを調子にのってつぶやいていたんだよねw

言いたい放題だよね!街頭インタビューとかでぶちゃいく女子が「デート代出さない男は無理」とか言って嫌われるパターンのやつだよね!

でもマコトは可愛いから嫌われないパターンだよね!

まぁ、こんなの思ってても本人には言わないし、ご馳走してほしいわけでもない。

単に、小さいこと気にする男とは無理なのよ。←まじ何様なの?マコト。

目的に合わせて、身の丈にあったことをする人じゃないと無理なのよ。←まじどの目線でしゃべってるの?マコトさんよ。

的なノリで色々つぶやいていたのよ。

 

そんな中、ある一人の男の人がリプしてきたの。

「なんか、つぶやきがいつもおもしろくて見てます。女の子より女の子って感じで可愛いね!勉強になるよ~。」

なんかごめんなさいって思ったよねw

結構、強い表現だし、なんだコイツ。とか思う人もいる中、この人はつぶやきの内容の意味を捉えてリプくれたんだ~って思った。(お金持ちが好き♡みたいな女子とは違うことを理解してくれてた♡)

その人のページにいくと、ノンケっぽい人で女性のセフレとの写メとかUpしてる人だった。

マコト ”リプありがとうございます♡ノンケさん?”

男 ”ノンケ?ってなに?”

マコト ”ノンケ=女性が好きな人”

男 ”そうだよ!”

こんな感じで、ノンケじゃ~ん♡とか思ってリプを楽しんでたんだよね~!笑

マコトはノンケ喰いはしないタイプだったから、楽しくキャッキャいいながら絡んでるだけで満足しちゃうタイプで、ノンケをこっちの世界に連れ込まない方がいいと思ってる派なんだけど、共感してくれる人いる?

で、そんなこんなで時々、リプで絡む程度の中になっていったんだけど、やりとりしてるうちにその人が緊縛師ってことが判明したの。

どうりで、UPされてる写メがムチムチの女の人がおっぱいとかめっちゃ縛られてるわけだわ。

緊縛自体されたことなかったし、どんな人がどんな感じでされてるのか興味はあったんだよね。

マコト ”緊縛する人なんだ!すごい~!”

男 ”縄師だよ~。今度縛ってあげようか?w”

こんな感じでいつもの軽~いやりとりをしてたんだよね。

そうしてるうちに、縄の話だったからか直接DMがその人から来たの。

 

男「こんばんは。リプで絡んでくれてありがとね^^ なんとなくDMにしてみました!笑」

マコト 「こんばんは♡こちらも絡んでもらえてうれしいです♡てか、女の子のセフレさんいるんですね・・!緊縛ってどんな感じでするのか聞きたいです♡」

ノンケの男の人が女の子とどんな感じでエロエロしてるのかすごく気になったし、ノンケの男の人ってゲイに比べてやさしい人多いし、なんか色々と聞きたくなった♡

男「いまねー、3人くらいセフレいるよ。いつも縛ってあげてるんだよね。縛り方とか色々あるし、楽しいよ^^」

マコト「へぇ~そうなんだ!すごい世界ですね。女の子うらやましい♡」

男「緊縛、興味あるの?」

マコト「されたことないから、わからないけど、どんな感じだろって。」

その時、すごっく性欲がありあまっててさ、一日3回くらいオナニーしてたから色んなHしてみたいっていうのは実際に思ってた。笑

 

男「気持ちいと思うよ。いまの女の子たちは縄の跡が消えたら、必ずまた戻ってくるんだよ。」

え、緊縛ってそうゆう効果もあるんだ!とか関心したのを覚えてる。

女の子のセフレ作りたい人はぜひ縄を学んでみるといいかもね♡

って、そんな話はどうでもいいんだけどw

 

マコト「そうなんだ~。最近の悩みがね、男性とリアルした時に自分のリミッターを外せなくて。。。欲求不満なのかな、、、解放したい欲がすごいんです。。。」

いま思うと、この発言ただの変態じゃんw

とか思うんだけど、10代から身体売ってたから相手に合わせたHばっかりしてて、正直リラックスしたHなんてしばらくしてなかった。

当時は好きな人を失った反動で、新しい人に会おうにも、なんか違う。。。みたいな感じで抱かれた人にはいつも「なんかいつも悲しそうな顔してるね」って言われたりもした。

自分の頭が真っ白になるくらいのHをしてみたかったんだよね。

ただ、何もかも忘れてHだけに集中できる人と出会いたかった。

 

男「そうなんだ!縄に縛られてる子たちは、縛られてる自分に酔ってるのもあるけど、抵抗できないから自分に素直になれる子が多いよ。」

 

マコト「へぇ!すごいなぁ♡もっとどんな感じなのかとか話聞きたい♡」

 

男「興味深々だねw いいよ~教えてあげるよ!電話してみる?」

 

マコト「男だけど、大丈夫ですか?電話?顔もわからないのにいいのかな…?」

 

男「全然大丈夫だよ!マコトなら!なんかおもしろそうだし!顔はわからないけど大体の雰囲気はわかるし大丈夫。」

Twitterには身体の写真と顔にスタンプ貼った雰囲気写メはUPしていたから、緊縛師さんの中でおおよそのイメージはついていたみたいだった。

マコトは緊縛師さんの雰囲気、全然わかんなかったんだけどねw

 

マコト「じゃあ電話かけますね♡」

DMで電話番号やりとりして(変な人じゃなさそうだったから)、緊縛師のノンケと電話することになった。

…プルルルル。

ガチャ。

男「もしも~し。」

すごく軽いノリの明るいお兄さんって感じの声だった。

マコト「あ、もしもし?♡・・・・マコトです♡」

 

この後、緊縛師のノンケさんの初体験を奪う事になるとは思ってもみなかったの♡

時々あの時のことを思い出して、ペニクリがムクムクとおっきくなるくらいめちゃくちゃHなコトしたんだよね。

って今日はもう書くの疲れちゃったからここまで!

じゃあ、また更新するね♡

よろしくどうぞ~。

↓ブログを楽しんでもらえたらぜひ応援お願いします♡↓
♡Makotoブログをメールで受け取る♡

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます↓↓↓

7人の購読者に加わりましょう

体験談♡
makotoをフォローする
カリソメ♡乙女

コメント

  1. […] まだ読んでない人は前回の記事からご覧ください♡ […]

タイトルとURLをコピーしました